三粒の種について
私たちの価値は「つながりをつくる」こと。「いつでも、そこにある「当たり前」を捉え、表現し続ける。」これが私たち三粒の種が津屋崎という小さな街に根を生やし、やっていくこと。それは、自らが作り手、使い手となり、古くて新しい暮らしを生み出し、実践し続けることでもあります。そして、その暮らしの実践を通して、そこにある美しさに触れることができる感性を育み、自分たちが感じる「豊かさ」をつくり続けます。一粒は空を飛ぶ鳥のために一粒は地の中の虫のために残りの一粒は人間のために
スタッフ
メッセージ