畑からのお知らせ
アーカイブ
  •  2014年3月 (2)
  •  2014年2月 (2)
  •  2014年1月 (1)
  •  2013年12月 (1)
    • 津屋崎野菜の宅配便
    • 体験農園たん暮
    • 寺子屋三粒の種
    • スタッフブログ
    facebook
    放課後クラブ 子どもたちの活動を広げる道具募集のお願い 

    2017年06月20日

     平成29年3月、放課後クラブのスタートにあたり、子どもたちの活動を広げるための道具の提供をよびかけ…

    放課後クラブの夏休みのお知らせ(7/21-8/29) 

    2017年05月29日

    放課後クラブ三粒の種では、夏休み期間中のみのクラブ生の申し込みを受け付けます。平成29年度は、7月2…

    5月24日(水)の津屋崎野菜 

    2017年05月12日

    今週の津屋崎野菜の宅配便の内容をお伝えします。 5月 19日(金)更新 5月24日(水)に…

    放課後クラブ 子どもたちの活動の幅を広げるボランティア募集 

    2017年03月16日

    放課後クラブの子どもたちと、地域の方との関係づくりの一つとして、子どもたちの活動の幅を広げてくださる…

    放課後クラブ プレスリリース配信 

    2017年02月24日

    平成29年4月からスタートする放課後クラブは、福津市津屋崎地区を中心としたチラシ配布に合わせてプレス…

    体験農園「たん暮」での出来事やお知らせを随時更新していきます。

    2014.2.15Sat 落ち葉たい肥をつくっています。
    こんにちは、スタッフ木村です。 体験農園「たん暮」では、参加者の皆さんと落ち葉たい肥をつくっています。  
    拾ってきた落ち葉に畑の土、発酵をうながす米ヌカなどをまぜているところ

    拾ってきた落ち葉に畑の土、発酵をうながす米ヌカなどをまぜているところ

      春夏野菜の次に秋冬野菜と、実は高密度でローテーションが激しい畑。 そこで落ち葉たい肥を入れることで、たい肥の微生物を土に補給して、 さらに落ち葉の繊維で土を柔らかくします。   1月から2月にかけては落ち葉たい肥づくりのシーズン。 まずは渡地域にある東郷公園で落ち葉を拾います。 (蛇足ながら落ち葉拾いに関しては許可をいただいております) 小さい子も一緒に山道を歩いてちょっとしたピクニック気分を楽しめます。    
    東郷公園で落ち葉拾い。ちょっと作業すれば土のう袋にいっぱいに集まる。

    東郷公園で落ち葉拾い。ちょっと作業すれば土のう袋にいっぱいに集まる。

        集めた落ち葉に、畑の土、発酵をうながすための米ヌカ・油カス、そして水をたっぷりかければ仕込みは出来上がり。 土のう袋に入れて、上からビニールをかけておきます。 下の写真は仕込から2週間経ったたい肥の様子。 表面に白い糸が張って、菌が順調に働いているのが分ります。 1ヶ月ほど経ったら、土のう袋を入れ替える切り替えしをします。 今から出来上がりが楽しみです。    
    落ち葉たい肥仕込みから2週間後。表面に白い糸が張っています。

    落ち葉たい肥仕込みから2週間後。表面に白い糸が張っています。

     

    コメントは受け付けていません。