津屋崎野菜の宅配便
アーカイブ
  • 津屋崎野菜の宅配便
  • 体験農園たん暮
  • 寺子屋三粒の種
  • スタッフブログ
facebook
放課後クラブ 子どもたちの活動を広げる道具募集のお願い 

2017年06月20日

 平成29年3月、放課後クラブのスタートにあたり、子どもたちの活動を広げるための道具の提供をよびかけ…

放課後クラブの夏休みのお知らせ(7/21-8/29) 

2017年05月29日

放課後クラブ三粒の種では、夏休み期間中のみのクラブ生の申し込みを受け付けます。平成29年度は、7月2…

5月24日(水)の津屋崎野菜 

2017年05月12日

今週の津屋崎野菜の宅配便の内容をお伝えします。 5月 19日(金)更新 5月24日(水)に…

放課後クラブ 子どもたちの活動の幅を広げるボランティア募集 

2017年03月16日

放課後クラブの子どもたちと、地域の方との関係づくりの一つとして、子どもたちの活動の幅を広げてくださる…

放課後クラブ プレスリリース配信 

2017年02月24日

平成29年4月からスタートする放課後クラブは、福津市津屋崎地区を中心としたチラシ配布に合わせてプレス…

三粒の種から、イベントやお知らせ等の情報を掲載しています。

2013.10.6Sun キャベツの植え方
【これからキャベツを植える方へ】 キャベツの植え方をお知らせします♪ 行程 1.苦土石灰と肥料を蒔く 2.よく耕す 3.苗を植える 間隔 畝に2条で植えます。 同じ条で、キャベツの間隔は30cm程度 ↓こんな感じ                               管理 追肥:2週間〜3週間に一度、追肥を行いましょう♪ 対策:葉物なので、おんぶバッタや、虫の幼虫にむしゃむしゃ食べられ
▼続きを読む



2013.10.3Thu 津屋崎野菜の宅配便、お申込はこちら!!
【津屋崎野菜の宅配便、お申込はこちら!!】 無事に1期のお試し期間が終了致しました。 10月から正規のお申込となります♪ ↓詳しくは、リンクの資料をお読みください♪↓ 津屋崎野菜の宅配便パンフレット   ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------- ☆津屋崎野菜の宅配便のこと☆ 津屋崎野菜の宅配便は、すぐそこで作られているお野菜を、すぐそこに住んでいる みなさんへ、当たり
▼続きを読む



2013.9.6Fri 中秋の名月お月見会のお知らせ
三粒の種のお月見会を開催します♪ 体験農園たん暮の参加者のための企画ですが、 三粒の種に興味のある方も、参加して頂けたらなと思います♪ 日本のリズムは、月夜のリズム。 つい最近まで、農業も製造業も月の暦に合わせて行われていました。 ちなみに、月を愛でる風習は、縄文時代頃からあったとか。 今でこそ、月の暦は使われていませんが、みんなこの日を意識します。 そんな昔からある意識、感覚を大切に、みんなで愛でようと思います。 ―――――――詳細―――――― にちじ:9月19日(木)18時~20時 ところ:津屋崎渡の畑(参加希望者には詳細をお知らせ致します♪)
▼続きを読む



2013.8.21Wed 津屋崎野菜の宅配便に乗せる想い
津屋崎野菜の宅配便は、 毎週水曜日に、 津屋崎で作られたお野菜や果物、お花などが、 福津市とその近隣の市内にあるお宅へ届けられる、というサービスです☆(対象範囲外は要相談)     このサービスで、私たちが大事にしたい事は、 「作る人」「食べる人」「繋ぐ人(三粒の種)」が、 みんなそれぞれの「顔」や「人となり」を知っているという事。 だから、最初は限定50件、数年後大きくしても100件が上限で運営します。 これで、大切ないくつかの事を狙います。     最近、産直売り場
▼続きを読む



2013.6.17Mon 【食と生きることを語り合う—福岡・津屋崎の米と野菜をいただく会ー】
こんにちは!! 角です。 【食と生きることを語り合う—福岡・津屋崎の米と野菜をいただく会】 を、 東京都港区にある三田の家にて共催しました♪ ※三田の家・・・慶應義塾大学教員・(元)学生有志等と三田商店街振興組合が共同で運営するプロジェクトです。「大学の傍らにある、自主運営のラウンジ的な教室」を目指して、2006年5月より大学の程近くに木造住宅を借り受け、約半年にわたる改装工事を経て、2006年9月30日より活動をはじめました。(HPより) 今回のテーマは、三粒の種のミーティングでもよく話されることが、そのままテーマになっています。 そして、これは僕自身のテーマ。
▼続きを読む



2013.6.12Wed 堆肥を使いました!!
おはようございます!! おじいちゃんみたいな生活になって来た、角です。 先日、近所の農家さんから、「堆肥ばいれちゃれー」とアドバイスを頂いたので、 みんなの畑に堆肥を入れました!! その名も「ど根性」!!粘り強く育ちそうな名前です(笑) ちなみに、これは宗像市のすすき牧場で作っている堆肥です。 (撮影の協力は、朝たまたま来ていた福本さん。ご協力ありがとうございます♪) 津屋崎の農協で購入出来ます。 1袋18kgで300円とそんなに高くないので、次回から堆肥が欲しいなと思われましたら、 お買い求めください!! 撒いてから1日が経ちましたが、お野菜たちの
▼続きを読む



2013.6.5Wed 手入れの仕方(雑草の予防)
こんにちは!! 子供たちと遊べればそれでいいと思っている、角です。   昨日、畑の様子を見に行ったら、 中野さんがいらっしゃって、 ついでに雑草の予防策をレクチャーしたんですが、 そうだ、ここでも紹介しておこう!!と思いたち、投稿しときます。   それでは、雑草の予防のやり方です!! ↓まず、野菜が植わっている畝の上面には、まだ雑草は多く有りません。   ↓でも、畝の横っかわには、もう雑草がわんさか生え始めています。 さあ、この違いはなんでしょー?? そうです、野菜を植える前
▼続きを読む



2013.6.4Tue 6月2日(日)苗植え種まきをしました。
おはようございます、角です!! いよいよ始まりました、たん暮(たんぼ)プロジェクト 6月2日(日)に苗植え、種まきをみんなでわいわい、がやがや、てんやわんやで、開催☆ 前日の雨もあり、やりにくい作業となりましたが、農家さんってこうやって天候と戦っているんですよね。。。 畑に行くたびに、すごいなー、と思います。 ↑こんな感じで、1家族1区画で農を体験しています。 たった三坪ですが、それでも結構大変です。 ↓この日は、一仕事終えた後に、表札を書いてもらいました。 この表札がそれぞれの畝に掲げられます。 みんなご機嫌の一枚。撮影後、映りチェッ
▼続きを読む



2013.5.26Sun 食と生きることを語り合う —福岡・津屋崎の米と野菜をいただく会
三粒の種のイベントのお知らせです。 今回は津屋崎ではなく、東京の三田の家という場所。 しかも農家の花田智昭さんと一緒に行ってきます! ▼テーマ 「食と生きることを語り合う —福岡・津屋崎の米と野菜をいただく会」 ▼日時 2013年6月15日(土)19時~21時30分 ・17時ごろから料理を始めます。 ・お料理好きの方は一緒に作りましょう ▼主催 三田の家、三粒の種 ▼定員 20人(予約制) ▼参加費 1000円以上いくらでも ▼申し込み方法 詳しくはこちらのリンクから。 木村兄さんよりメッセージ。 豊かな食のあり方
▼続きを読む



2013.5.26Sun 説明会を実施しました!(5/26) その2
2013/5/26(日)の日記。 こんばんは。一行です。 今日は二回目のモニターさんへの説明会でした。   天気は快晴。気持ちよかったなぁ。 前回の説明会からたった2週間で雑草もたくましく育っておりました。 雨が降るともっとすごいことになるとのこと…むむむ。 簡易駐車場の入り口が少し入りやすくなってました。(木村さん、角くん、お疲れ様でした。) 今日は5組の家族に参加していただけました。 ありがたや。ちょっとしたイベントを企画するときとは少し違った重さを感じます。 この緊張感は大切にしていきたいです。 畑に移動して、木村さんの進行でまった
▼続きを読む



2013.4.21Sun なぜ私は「三粒の種」を作るのか? 〜角信喜〜
三粒の種には三人のメンバーがいて、三人それぞれの出発点があります。 これは言い出しっぺ 角 信喜(かど のぶき) のあらすじです。 ———————————————————————————————————— 僕の出発点は考古学。弥生時代にあります。 ちょっとだけそこのお話から。   大昔から変わらない、グローバリゼーションの仕組みが常に僕の頭の中にあります。   むかーし、むかし、弥生時代の人々は、稲作を始め、定住を始め、蓄えるという事を始めました。 縄文時代と違い、食と住が安定して、人が死ににくくなったから、きっと当時の
▼続きを読む



6 / 6« 先頭...23456